CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 花宵ロマネスク 君に逢ひし刻 〜鈴蘭の昼〜 | main | いくぜっ!トキメキ★フルバーストEvolution(昼の部) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
花宵ロマネスク 君に逢ひし刻 〜牡丹の夜〜
4月30日 恵比寿ガーデンホールにて

出演者 緑川光(宝生綾芽)、鈴村健一(宝生菫)、保志総一朗(城崎ともゑ)、諏訪部順一(宝生桔梗)、遊佐浩二(宝生葵


夜もプログラムの順序や内容は昼とほとんど変わりありませんでしたので、昼よりも端折っている部分は多いかと思います。
ですが遊佐さんの所は変わらず、できるだけありのままに書いていますので(苦笑)
今回の席は真ん中ブロックの右端辺りだったので、昼に比べると全体が見渡せる感じでした。

会場が暗くなり学校のチャイムの音・・。

☆葵と桔梗による諸注意のアナウンス。
この辺りが昼との違いでしょうか?
夜らしくこの二人で・・(笑)

「もうすぐ開演ですよ」
「すっげぇ人数だなぁ。お〜、カワイイ子ばっかり!」
「葵さん・・。いやらしい目をしないでください。」
「オレはいやらしい見方なんてしてないぜ。いやらしい気持ちで見てるだけだ。」
「それじゃあおんなじです」
「携帯の電源は切っておけよ。オレの前で違う男からの電話なんて取る必要ないだろ」
「カメラや携帯電話による撮影はいけませんよ。もし見つけたら・・私がどこかへ閉じ込めてしまいますよ!」 (ここで会場中が大爆笑!桔梗さんおもしろい)
たぶんこんな感じでした。

昼と同じく綾芽のキャラソンにのせてオープニング映像が流れキャストが登場。
今回はかなり遊佐さん寄りです!
そして気付いて辺りを見回すと、一人だけ飛びぬけて前に乗り出してる私・・。
だって同じスーツ姿でも今回はノーネクタイ。
シャツのボタンがかなり開いてましたもん!!

綾芽による「君に逢ひし刻」朗読。

☆朗読劇「星空に消える僕のワガママ」
内容は昼と同じです。
会話の組み合わせだけが違っていて、ともゑと菫、葵と桔梗、菫と綾芽でした。

葵と桔梗
「葵さん、空を見上げて何を考えてるんですか?」
「ん?もうすぐ夜になると思ってね」

と二人の会話が始まり、タバコを桔梗に取り上げられる。
いつもと様子が違う桔梗に心配して

「ばーか。無理してんじゃねぇよ」
「大丈夫ですよ、私は・・。会えないことには慣れてますから」
「堪え性があるのは羨ましいね」
「寂しいんですよ、私だって・・」
「ふふっ」
「笑うなんて酷いですね」
「悪い・・。よしよし、すぐ帰ってくるからいい子にしてろよ」
「わかってますよ」
たぶんこんな感じでした。

☆Message from・・ ,箸發

☆桔梗のアナウンス。

☆宝生菫LIVE 「モノクローム lost in you」
途中歌詞が飛び飛びだなぁと思ってたら、歌詞が飛んでしまったらしく1番のサビから歌えなくなってしまいました!!
何度か歌おうとするけど歌えず、「マジで〜」と照れたような困ったような顔に(苦笑)
「ごめん!ホントごめん!!これぞ生の醍醐味です!!」

いきなり諏訪部さん登場で、横で代わりに歌ってあげるも、鈴村くんは最後まで歌えませんでした。
終わって鈴村くんがありがとうという感じで手を差し出して、諏訪部さんと抱擁して終わり。
はけていく時に「うちの健一を見ないでー!」と言って隠すように去っていきました(笑)

☆Message from・・◆^

☆花宵キャスト トークショー
照れながら鈴村くんが登場。
今回も進行役です。
「さっきはすみませんでした。ここからは気分を入れ替えて・・」と挨拶。

今回の自己紹介では「みなさん、ごきげんよう。宝生葵役、イケメン理事長こと遊佐浩二です」とご挨拶。
この瞬間、かなりの悲鳴が上がりました(笑)

まずは「昼と夜の雰囲気の違いは?」と聞かれて
「夜の香りがしますねぇ」と皆さん同じ答え。
ほっしーだけが「夜は若干の疲れが・・」とおとぼけ回答。
と、すかさず遊佐さんが「保志さん!もうすでに一杯やっちゃってるんですかー?」とつっこんでました(笑)

「若干みんなより年上なので疲れ気味・・」と緑川さんが言うと、会場からは「頑張ってー」という声援が。
そしたら遊佐さんがちょっと拗ねた風に「僕達も頑張ってるのにねー」と諏訪部さんに同意を求め、また会場からは声援。
「いや〜、いいねぇ。もう夜はネクタイも外して・・(笑)」
とご機嫌になってました。

夜も5人の理想の女教師像の絵を披露するらしく、まずは昼の絵を紹介。

遊佐さんの絵がかなりの笑いを取ってました。
「この絵を書いてるお父さんをぎんがくんはどんな目でみてたんでしょうねぇ」と鈴村くんが痛い一言。
「ぎんが!俺を見ないでくれ!!」と思ってたらしいです(笑)

夜は「プライベートな女教師」の絵。

緑川さんのはちょっと忘れたんですが、覚えてるのは「歯科衛生士の服は譲れない!」ってことです。
あとチャイナドレスもだったかな・・。

ほっしーのは昼と同じく自分の似顔絵で、「ツンデレ」と書いてました。

遊佐さんのはお昼と同じ巨乳先生。
でも「昼と違って夜は弱い部分がある」らしいです。
外したメガネが見当たらなくて「メガネ!メガネ!」となってるみたいなんですが、目の辺りがバツ印みたいになっていて何とも微妙・・。
鈴村くんにも「目が昭和の表現だ!『おはようスパンク』みたいな」と言われてました。
「これって頭が弱いって感じだよね」と諏訪部さん(苦笑)

鈴村くんはゾンビみたいな絵でよくわからなかった・・。

諏訪部さんは少女まんが風の目がキラキラしてる女の子の絵で、今回もメチャクチャうまかったです!

こんな感じでトークは終了しました。

☆Message from・・ 菫

☆葵のアナウンス

☆城崎ともゑLIVE 「チョコホリックI*N*G」
今回も元気に「チョコホリックぱっぴー」でした。

ここで鈴村くんが登場。
「モノクローム」歌い直しです。
今回はちゃんと歌えてました。

☆Message from・・ぁゝ帽

☆朗読劇「菫んでれら 君だけが僕のお姫さま」

☆Message from・・ァ^讐

☆プレゼントコーナー
今回も生成りのベアにそれぞれがメッセージなどを書いてました。

遊佐さんベア・・これはまさか「くまの○ーさん」では!!
「世界一有名なくまです!」とおっしゃってました。
鈴村くんに「これDVDになったら間違いなくモザイク入りますよー」とつっこまれてました(笑)

諏訪部さんベア・・こちらもどう見たって「ミッキー○ウス」!!
「世界一有名なネズミ」だそうです(笑)
もうこれみんなDVDに入らないんじゃ・・。

鈴村くんベア・・愛犬のモモにそっくりらしいですvv
キレイに色塗ってあって、もうくまじゃなくて完全に犬でした。

ほっしーは「ぱっぴーぐま」、緑川さんはいろいろメッセージが書いてありました。

鈴村くん「当たった方は受付で『当たったんじゃ!!』と言ってくださいね。そしたら受付の方が・・」
遊佐さん「ありがとうございます!!」(かなりドスのきいた声で/笑)
キャストを含め会場中が大爆笑で、このあとまた言わされてました(苦笑)

☆宝生紫陽のキャスト紹介。

☆エンディング
今回も遊佐さんの感想のみで。
「(前にお話された諏訪部さんにつられて)ぱっぴー!!(笑)僕的には最初から最後までドキドキのイベントでした。やっぱり宝生紫陽役が平田さんで(苦笑)別の番組でレギュラーでご一緒させていただいてまして、この(平田さんのコメントを録った)直後にお会いして『あんたのお兄さんやってきたわよー』とうちの嫁に何をするんだぐらいの勢いで・・。一通り文句を言われました(苦笑)次からはどうなるんだろう・・と。最後になってね、こんなドキドキするようなものまで見せられて・・。本当に緊張しましたが、皆さん楽しんでいただけたなら私は嬉しいです。(他の皆さんが客席に向かって「楽しかったですかー?」と言ったので)僕もやっちゃおうかなー。楽しかったですかー?(大歓声で)ありがとうございます。宝生葵役、遊佐浩二でした」

また最後にブーケを投げてイベント終了でした。

これで夜のレポ終わりです。
昼より短くするつもりが、同じぐらいになってしまいました(苦笑)
ここまで読んでいただいてありがとうございました。

| その他イベント | 19:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:26 | - | - |
コメント
こんばんは!
こちらには初めてお邪魔します。そちぷです。

花宵のレポ昼夜二つ読ませていただきました〜!
あまりの詳細さに嬉しい悲鳴をあげそうです。
読んでいる間、まるで自分も会場へ行っている気分でした。

お忙しい中でこれだけのレポートまとめるの大変でしたよね。
本当に本当にありがとうございます!
| そちぷ | 2006/05/14 12:50 AM |
そちぷさん、いらっしゃいませ〜vv
こちらにも足を運んでいただいてありがとうございます。

早くしなければ・・と思いつつ、こんなに日が経ってしまいましたのに、嬉しいお言葉ありがとうございました!!

DVDが発売されるまでの繋ぎとして見ていただけたら嬉しいです(笑)
| はな | 2006/05/14 9:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://scene-wish.jugem.jp/trackback/9
トラックバック