CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Naozumi Takahashi A'LIVE 2005 HAPPY WINTER(大阪) | main | S.S.D.S 大阪大診察会(夜の部) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
S.S.D.S 大阪大診察会
Christmas year Day(お昼の部)

12月24日

職場より直行(笑)DVDを買おうとしたら結構な人だったし、時間もなかったので夜の部にまわしました(笑)

一応、今回出演されてる方のキャラ名を
速水奨さん→Dr.HAYAMI
高橋直純さん→新田和人先生
松本保典さん→沢登達哉先生
檜山修之さん→君島究先生
千葉進歩さん→日下真一郎事務長


始まるまでのアナウンスもかなり面白いです。毎回言うことがちがっていて、日下事務長がDr.方を探してる風だったりで(笑)アナウンスは中管制官でした。

中管制官のカウントダウンで開始(中さんは声のみです)
「10000、9999、9998、9997」
Dr.HAYAMI「今日は最後までいってみようよ。聞いてみたいな〜。きっと時が止まったみたいなんだろうね中管制官のカウントダウン」
中管制官「9996…え〜、次のきっかけを頂かないと…」
Dr.HAYAMI「しゃ〜ないな、まいてんか」
中「ラジャー。5、4、3、2、1」

Dr.HAYAMIが登場。

デオキシリボ助さん。
速水さんが歌ってらっしゃってダンサーの女の方が2人最初にいらっしゃって曲の途中で客席の通路を通って新田先生、君島先生、沢登先生、日下事務長が登場。
この歌かなり面白かったです。DNAの動きの直くんがかなりかわいかったですポッ

ご挨拶
日下事務長「本日の診察医より川柳でご挨拶を」
君島先生「美しいバラにふれると棘ささる」
新田先生「独り言会話になってる昼下がり(ピー)←笛を吹いてました」
Dr.HAYAMIほどほどに手抜き足抜き診察し」
沢登先生「恋なんて、ああ恋なんて」
日下事務長「私は川柳ではなく得意技を川柳は苦手なものでして」
日下事務長「願いましてはビーム」

名刺交換
交換した名刺をみなさん舞台でみてはりました(笑)

病院歌斉唱
Dr.HAYAMI「我々はみんな覚えてるね」この言葉に先生方みんな、えっ?なってまして一番君島先生が無理とおっしゃってました。

診察開始

この時に直くんがバンブーちゃんをもっててバンブーちゃんで拍手してたり手を振ったりとかわいかったですラブ

ドラマ
お悩みの日下事務長から始まり大変なんですとの言葉よりみんなが袖捲が起した事件の時よりと聞いたのであの時も大変でしたねと袖捲の話へ。事務長は最近見かけないので袖捲が悪事を企んでるのではと思ってたようですが君島先生のお兄さん研さんになついたらしく毎日せっせとお手伝いをしてるらしいです。
なぜかみんなで研さん(檜山さんです)のモノマネへ
新田先生「研さんって大人ですよね。かっこいいな〜」
日下事務長「そうですよね」
日下事務長「いらっしゃい」
沢登先生「ええ?なに今の研さんのマネ?」
日下事務長「はい」
沢登先生「うっそ。下手すぎ」
日下事務長「じゃあ、沢登先生やってみてくださいよ」
沢登先生「いらっしゃい」
新田先生「ええ?全然違いません?こうですよ」
新田先生「いらっしゃい」(低音(笑))
Dr.HAYAMI「3人とも芯から下手だね」(ここではまだドラマ上の流れでドクターいない設定なのに黙っていられなかった様子(笑))
沢登先生、新田先生、日下事務長がドクターに「じゃあやってくださいよ」
Dr.HAYAMI「ものまねというのはざっくりと特徴を掴む。じゃあいいかなやるよ?目を閉じて」
Dr.HAYAMI「いらっしゃ〜い。どうも研で〜す」
ちょっとみなさま首をかしげてらっしゃって速水さんは少しショック気味?(笑)
で、事務長の悩みはそんなことでなくて大ピンチらしいです。
君島先生「ま、まあいいや。で、大ピンチってなんなんだよ」
沢登先生「大きな計算ミスをしちゃったとか?」
日下事務長「そんなレベルではないんです」
新田先生「どうかしたんですか?」
Dr.HAYAMI「もしもし」
日下事務長「あれドクターいらっしゃったんですか?」
Dr.HAYAMI「しらじらしい(笑)もう未来永劫モノマネはしない」
Dr.HAYAMI「で、大ピンチって?」
日下事務長「サロンドJOYが赤字なんです」
新田先生「え?あの店ってオーナーが趣味でやってるんですよね。赤字も何も関係ないと思うけど」
日下事務長「大ありなのです」
かなりな数字がでてきましたが、よ、よくわからないかった…(笑)数字に弱いらしい新田先生もわからなかったらしく1ドクコインがいくらかを聞いてましたがDr.にネパールルピーに直され余計わかんなくなってらっしゃいましたが沢登先生が日本円に直して教えてくれてました。
新田先生「僕、彼女とハワイに旅行に行きます」(日本円に直した結果そのくらいの金額みたいです(笑))
沢登先生「和人くんって彼女いたの?」
君島先生「聞いてないぞ。新田!」
日下事務長「え〜、まあいても不思議はないでしょう。私に妻がいるように」
会場からえーーーって声が
日下事務長「新居購入」
新田先生「日下事務長って結婚してたんですか?」
Dr.HAYAMI「保険が満期で100万ドル。結婚して子供が生まれてるみんなからお祝いをもらう」
沢登先生「もう現金がない」
君島先生「よっしゃ!石油を掘り当て500万ドル」
新田先生「指輪をプレゼントする。5000ドル払う。そんな高いの買わなくても…」
いつのまにか人生ゲームにそれに気づきドクターがみんなからつっこまれてました(笑)
人生ゲームは一応終わって日下事務長が純利益計算をしてドクターと先生方に伝えようとしたときにこっそりドクター.が新田くんにこの話しちゃんと終われるかどうかをきいてましたよ。計算したのをドクター方にお伝えすると結果はサロン・ド・JOYは結構な金額マイナスらしいです。
沢登先生「店の経理は誰がやってるの?」
日下事務長「簿記1級の資格をお持ちのシューマイヤ先生が」
新田先生「あれ?シューマイ君がもってるライセンスは野菜ソムリエにカラーコーディネートそれとスキーが1級だったかと思います」
日下事務長「え?でも確か以前シューマイヤ先生が」
ここでシューマイ君の声がスピーカーから(回送シーンちっくにみなさまその上を向いてらっしゃいました(笑))
シューマイ君(声のみ)「僕1級なのだ。だからサロンドJOYは僕にまかせるのだ」
みんなが僕1級…僕1級…簿記1級と何度か呟いていたかと(笑)
沢登先生「うっすいギャグだな(苦笑)」
またシューマイ君の声がして、サロンドJOYをオタクショップにしようと思ってて「映画(だったと思います)を作るのだ」っぽいことを。それでここはシューマイ君に先行投資ということで落ち着いてみんなでふぐを食べに行かれました。

Ten Supplementsのお話
今日おられる先生の曲がながれてきて一曲ずつそれぞれ歌った曲を紹介してました。
大好きで、大好きで大好きでのときに直くんが「新田くんぽくないなと思いましたが、のれそうな曲だったのでレコーディングのときにはみなさんにやって頂きたい振付決まってました(笑)」とその振付(?)披露してくれましたが、モーニン○娘みたいだった(笑)

診察
ドクターたちの大好きで、大好きで、大好きで仕方のないものはなんですか?
Dr.HAYAMI「新田くんの好きなもの知ってるよ」といきなり速水さんがわらいながら
Dr.HAYAMI「袋とじ」
新田先生「(笑)嫌いじゃないですけど」
Dr.HAYAMI「でほんとうは?」
新田先生「今のでぶっとんでしまいましたよ」
スノーブーツの話なっていきなり直くんがスノーブーツのCMソング(多分、どんなのか忘れましたが)を歌ったのですが前おきながなく突然すぎて他の出演者のみなさん一瞬びっくりしてました(笑)私もイキナリすぎてびっくりしたよ、直くん(笑)

ラジオ体操

再診

ドラマ
仕事終わったらしくみんなで飲むことに。君島先生はクリスマスイブにカップルでいるやつに腹を立ててましたが(笑)
いつのまにかクリスマスパーティ風に乾杯してました。
みんなで外をみて、眺めがいいですねとかおしゃれなホテルがありますねといっていたら新田先生の一人3役で会話開始(笑)
(新田先生、彼女、店員すべて直くんです(笑))
新田先生「予約していた新田です」
店員「新田さまですね。こちらの特別室にどうぞ」
新田先生「ありがとう」
彼女「んまぁ、和人さーーーん」
新田先生「なんでも好きなものを頼みたまえ。まずはシャンパンを」
彼女「まーーー、ステキーー」(なんかちょっと片足を後ろに上げてた気がする(笑))
新田先生「キミの瞳に乾杯」
Dr.HAYAMI「食事の後は?」
彼女「あらー、あたし少し酔ってしまったみたい」
新田先生「大丈夫かい?そうだ、最上階の海が見えるスィートをとったから休んでいくといい。心配しなくていいよ。なにもしないから」
もうね、もうね、ここ彼女の声はまあ、女の子でなくておもしろかったんですが新田先生が新田先生でなくね、ヒノボイスだったんですよ!!セクシーボイスvvヒノボイスでそんなこと言われたらときめき
君島先生「といってほんとうに何もしないやつお目にかかったことない」
ドクターと日下事務長が君島先生の言葉に賛成して沢登先生だけがえ?え?ってなってました。
君島先生「じゃあ、みんな今日は濃い話をしようぜ」
日下事務長「週刊誌の袋とじみたいな話でしょうか」
君島先生がはっ!と客席に気づき、すごいいっぱい女子がいるって驚いて男だけの話だからとみんないってしまいました(笑)最初沢登先生置いていかれてたけど「待って」と追いかけていかれました。

診察

刹那の英雄
速水さんしか歌わないと思ってましたが直くんが歌ってくれたのでこの曲すごく嬉しかったです!!

「「「それではみなさんお大事に」」」

このセリフで昼の診察は終わり。
中管制官のアナウンスが終わりもちゃんとありましたよ〜。

こんな長々としたレポをよんで頂いて感謝です!ありがとうございました!
| 高橋直純くん | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://scene-wish.jugem.jp/trackback/6
トラックバック