CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Yo-Jin-Bo 第1回マント愛好会サミット | main | ルビーにくちづけ公開録音 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
A'LIVE 2005 scene (大阪)
とんでたり、違うところもあると思いますがすみません。

A'LIVE 2005 scene 高橋直純くん
8月30日 大阪BIGCAT

書いた人:吹雪

スクリーンに風景と直くんが映ってはじまり。
この間にメンバーがステージに。
ドアを出て行くような映像で終わったら、直くんが出てきましたラブ

・初恋
ちょっと最後あたりはアレンジっぽい。
・夏色の翼
曲の最後のハーモニカは直くんが吹いてましたv

「みなさん、こんばんは、高橋直純です。ようこそおこしくださいました。ありがとうございます。会いたかったじょーー」
「そして今日はさらにこの会場の外にもお客様がいらっしゃるということでこちらのカメラに向かって」
とカメラの方に向かって「高橋直純です〜」多分手を振ってたのかな。
自分でちょっとみたいんだよねとおっしゃってスタッフさんに携帯を持ってきてもらってました(笑)
「せっかくFOMAなので」と接続してみながら
「あ、オレが映ってる(爆笑)、ほらほら」会場にも携帯画面みせてくれてました(笑)
「この時代ってすごいもんだわ」といいながら携帯をスタッフさんへ。

「今日はみなさんに胸の中にキラッと光るなにかを持って帰っていただければいいかなっとおもってますので楽しんで帰ってください」

「8月に写真集とアルバムがでましたのでその雰囲気を全面におしだして今日はやっていこうかなとおもってます」

写真集の後ろから3Pぐらいを思い浮かべてくださいっておっしゃったら会場が「ああ」っていったら、「なにそれ?わかったってこと?」「そんな知ったかして大丈夫かな??」っぽいことをおっしゃってました。


・僕はヒーロー
・なごり雪
・どんなときも
・還りの泉

還りの泉の前に「おかえりーー」と客席から声があがったのですがそれで「さっき次の曲がわかってるかのように「おかえり」といわれた時にはばれてる?」と思っちゃったらしいです
「どんなときもは励まされた曲でこの曲がなかったらこのステージにはいないです」

「声優というお仕事もやらせて頂いてるんですけど難しいお仕事です」
とその話からエロザルのほうへ話が(笑)
「大阪は来週だっけね?あ、今週? じゃあ、一足先に声を聞かせてあげよっか」
きゃーーーって会場から悲鳴があがると
「ごめん、ごめん、そんなたいしたもんじゃないから、ごめんほんとにあやまる」
「すごい技を使うんですけどそのすごい技はすべてブラジャー盗んだり、スカートめくりするためだけに使うっていうすごい、すごいエロザルなんですよ。で、まあなぜかこのお仕事はなぜか名指しで僕に頂きましたのでありがとうございます、それは顔なのかキャラなのかわかりませんけど、僕、別に普段からこうスカートめくりしてるわけじゃないんですけどね(笑)なんか僕になってしまったという。なんかいつもでてきて、うふ〜ん(←ここはモモンの声で)って言ってるキャラなんですけど(笑)」
会場からなにかいったら
「エロズミ??エロズミじゃねぇよ。モモンだよ」
なんかこのしゃべり方が好きだった(笑)「〜じゃねぇよ」とかいうイメージがなかったからかな〜。

「キャラソンっていうのをありまして、そのキャラソンなんかもこのsceneの中にもまじえていこうかなと思ってるわけでございますけど」
会場からヒノエがいいと言うと
「あんまりね、ね、困らせないようにね」
「かっこいい役もたまにあるんですよ。僕の中でも。人間だったりとか。普通に人間だったりすると嬉しいんですけど。グローランサー犬箸いΕ押璽爐ありまして、こちらの方のOVAとCDドラマの方ではなぜかしらですけど主役をやらせて頂いているんですけど、エロザル名指しで僕ですから、クレヴァニールはちょっと荷がおもくて、そんな中でクレヴァニールもこの間キャラソン歌わせていただきました。今日はそのクレヴァニールの歌を聴いていただこうかと」


・流星

ここはヒノエでvvv
「おまえを探してここ大阪まできた」
「かわいいね」(あのポーズでv)
「オレを本気にさせてくれるかい?」
「こっちへおいでよ」
「今夜は一緒に眠ろうか」
「そんなことより踊ろうか?」(人差し指をくるくるしながら)

もう一言、一言に会場からきゃーーーーと悲鳴。いや〜言っちゃうって。あれは。

・電光石火の恋

前見たときよりさらにエロいと思ったら曲がゆっくりなために動きが大きいからだわ(笑)

・ラブシェイカー

みんなが歌ってるときに、「もっとこい〜」とか一つ一つ相槌(?)みたいなのを言ってくれて楽しかった(笑)

・トラブルメーカー


「ありがとうございます」
「大丈夫?気持ち悪くないですか?」
会場から大丈夫
「もし、もし、ちょっと気持ち悪いって人は遠慮しないですっと出てくださいね。休憩しててください。そのほうがいいから、大丈夫ですか?」
なんかやっぱり気づかいな人だな〜と思いました。大丈夫って聞くと
「オレはダメだよ。もう」
「あんたらのせるの上手すぎやで」
あら大阪弁だね
服をおさえて
「べちょべちょや〜」っていうと会場から脱いでコール(笑)

トラブルメーカーをやるたびに徳島県の方からありがとうございます。ってメールがくるらしいです(笑)


「こんなにたくさんの方とお遊び?(笑)ほんとに嬉しい限りでごさいますけど」

名古屋で手羽サキを食べた時のお話とか。店員さんが最高に楽しかったらしい。

大阪では甲賀流のたこやきを食べたらしいです。
「すごく並んでたんですけど僕並ぶのが嫌いだからチェッとか思ったですね、並ぶんだったらいいやと思ったんですよ。雨が降ってきたのでお客さんがさっといなくなったので今だと思って(笑)」
それで食べれたみたいですvよかったねv
「こんなのも全部僕の血となり肉となり」
横っ腹をおさえながら「軽くやばいv」と某ビールのCMのように(笑)それがめっちゃかわいくてかわいくてかわいくて!!!(笑)


・REPLAY

・カナリア

・まほうの手
スクリーンに映像が…すごく印象的。

「今日こうして大阪の地にきて、あったかいみんなの笑い声とかたくさんの手とか歓声とか聞いてかえってこれてよかったなという感じほんとに嬉しいなという気持ちがすごくわいてきて、特にさっきのREPLAYからカナリアを歌ってるときにはほんとにこの瞬間というのは当たり前のようで当たり前じゃないんだなと強く感じてしまう曲でした」
「こうしてみんあのもとにこうやって届けられる時間っていうのは嬉しくて当たり前じゃなくて去年の僕からは想像つかないですよ。ほんと言葉ってすごいものだね。どんだけささえられたかっていうのはわからない。こういうときにしかかえせないのでみんなに言葉、届けて行きたいと思って歌ってます」

ほんとにここで泣きそうになりました…なんかいろいろ…思うと。

・雨の空は晴れだった

「今日はほんとあえて嬉しかったです。ありがとうございました」

ここからアンコール

「今回はですね、会場その日しか歌わない曲っていうのを用意してみましたので」
「今日、大阪は僕の中でいろとりどりなイメージがあるんです」
会場からわーーっていう声。
「わかるかしら?」
「これで大丈夫なの?よくわかるね?早とちりとかで「え〜」とかいわないでよ(笑)」

・虹色・腕

ここでメンバー紹介

・Go!Go!Over Drive

楽しいvこの曲かなり楽しかった(笑)


アンコール2

「あっがとうございます、なんかめっちゃ嬉しいって感じです」
上の服が汗でくっついてる感じでっていったらまた会場から脱いで〜って(笑)
「だから脱がねぇっつうの」

「今日の日記用に撮影を」
と写メール(笑)

一曲目当てクイズのことをハガキを持ってきてこれだけ当たってますよという感じで見せてくれました。ちょっと持ちにくそうだった(笑)

物販のことをすこし、これを買ってくれた方にはポスターがつきますとみせてくれて、会場が「ちょうだい」っていうと「オレが欲しいっつうの」とのこと(笑)

「stayという曲はラブソングなんですけど、一つ二つ意味を含めて作ってるわけなんですけどね」
「みんなからたくさん気持ち頂いてるんでその気持ちにちょっとでもこたえられるようにっていう風にそういう気持ちをこめてうたいますんで、さっそくお届けしたいと思います」

・stay(弾き語り)

「ほんとに今日は…みんなのことめっちゃ好きやとおもいました」(大阪弁)

「ここでメンバーを呼んでみたいと思います」

「みんなからたくさんの気持ちをほんとうに頂いてなんてお礼をいったらいいやら、ほんとうにありがとうございました」

「なんか全部内容しってるかのようにはいここ静かにとかメリハリが素晴らしい。みなさん虹色でした」

・君に会えてよかった

みんなで歌ってかなりかなり楽しかったvvほんとそういう気分ですよねv


メンバー全員がでてきて手を繋いでお辞儀。

「じゃあ、ここにいるみんなで先に乾杯しましょうか」
「行きますよ。せーの乾杯!!」

「ありがとうございました」

「ありがとうね。大好き!」

ほんとにほんとに楽しかったです!!!きらっと光るものもらいましたよv直くんにvv
| 高橋直純くん | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:37 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://scene-wish.jugem.jp/trackback/2
トラックバック